採用企業様

  • HOME »
  • 採用企業様

紹介手数料について

成功報酬型契約から、リテイン・サーチ契約まで、採用企業様のご事情にお合わせ、最も効果・効率の優れた対応をご提案させていただきます。

紹介手数料(サービスの料金形態)につきましては、概ね以下の通りです。

<総費用>
オファー年収×35% + 調査活動費30~50万円

ご契約時に想定年収の設定をさせていただきます。
ご契約の内容により、お支払いタイミングが変わってきます。

契約種類 料金形態
1.リテイン・サーチ型(2段階) ① <契約時>想定年収×10%+ 調査活動費
② <決定時>決定年収×30%
2.完全成功報酬型 <決定時>決定年収×35%(30~50%にて業界・企業によりご相談)

エグゼクティブ・サーチ 対応種別

CXO層エグゼクティブ・サーチ(CEO・COO・CFO・CTO・CSO・CIO・CMO・CHO等)

経営課題解決に直結するエグゼクティブを実名リストアップ、能動的にスカウトを遂行します。
担当コンサルタントとリサーチャーの専属タスクチームを設立。対象候補者の可否、採用企業様の候補者様にとってのプレゼンス、移籍メリットを分析し、ヘッドハントの遂行難易度を明確にするためプレ・リサーチ致します。
(採用遂行が現実的でないケースでは、お断りさせていただくケースもございます)

コンサルタントが有する人脈や情報提供者・業界権威者のネットワークを通じ、期待成果を確実に果たせるトップレベルの人材にアプローチします。
ご依頼企業様のニーズに応じたテーラーメイドのヘッドハンティング・プロジェクトとなるため、秘匿性と難易度の高い案件に関して「リテイン・サーチ契約」での独占依頼形態で動くことを前提としております。

また、ライバル企業のトップエグゼクティブへのアプローチを前提とするため、ご依頼企業様の情報機密を保持し、アプローチ段階での情報開示は一切致しません。対象候補者へのアプローチは真摯で丁寧な対応をお約束し、採用企業様のブランド毀損なく、一流の候補者との接点を創出致します。
対象年齢30代~40代後半、年収レンジ1200~2000万円の依頼・実績が中心となっております。

但し、近年はエグゼクティブ層の転職サイトの増加や転職のオープン化により、職種やターゲット候補者によっては完全成功報酬型契約でもご依頼をお受けするケースが増えておりますので、まずはお気軽にご相談下さいませ。

グローバル・サーチ

アジア各国をはじめ北米・欧州のアライアンスパートナーを通じて、グローバル人材のサーチを実行します。特にアジア(中国、シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア)での現地マネジメント人材の依頼が増加傾向。

ミドルレベル・リクルートメント

近年最も依頼が多い形態となります。若返りが進むグローバル企業やベンチャー企業の中核を成す採用依頼が増加。事業部長、部長など、ミドルマネージメントから若手幹部候補、特殊領域のスペシャリストや技術者のサーチが中心となります。採用が難しく特殊なポジションの指名候補者スカウト、特定のターゲット企業を定めたゾーンスカウトでの成功実績が多数ございます。対象年齢20代後半~30代後半、年収レンジ800~1200万円の依頼・決定実績が中心となっております。

未来のエグゼクティブ候補

企業内高齢化問題が顕在化しつつあり、近年企業の採用ニーズは若年化しつつあります。上級管理職の若返りや技術革新を生み出す個の能力の活用が急速に進み、企業にとって最も費用対効果の高い年齢層は30代といわれています。事業収益をゼロベースで生み出せる能力、特定技術や情報技術分野の専門スキル、グローバル経験、若くして事業経営経験を有する人材など「未来のエグゼクティブ候補」に寄せらせる企業の期待はますます強まりつつあります。

弊社では、多様な領域で未来を担うエグゼクティブ候補者と常に接点を持ち続けており、候補者と共に時代に応じたキャリアパスを模索し続けております。こういった継続お付き合いのある優秀な候補者を、成長機会の大きな産業・企業様に積極的に紹介をさせていただいております。
一般の登録型の人材紹介会社では母集団形成しにくい、「未来のエグゼクティブ」として期待できる優れた若手人材を厳選してご紹介します。

事業承継

今後の日本の産業の課題の一つである「事業承継」。法的な側面のみの解決では経営そのものを承継することは難しく、経営トップからの依頼が多いのが経営者候補が育つまでのリリーフとして活躍いただけるエグゼクティブ。
すなわち「番頭役」としての経営者が育つまでの経営参謀ミッションを果たせる人材となります。
地方の企業依頼が多い点、及び長期雇用を前提としないため、数年間のミッションに対して貢献意欲と使命感の高いエグゼクティブが対象となります。
親族、従業員、外部社長候補など承継者や企業文化に応じ、事業承継の形式は全てオーダーメイドとなります。
外部からの「番頭役」人材の採用に関しては、ありきたりな短時間の面接対応ではなく、数度に渡る機密性の高いミーティングを積み重ねていく必要があるため、採用プロセスは長期に渡ります(数年かける企業様も)。
また、外部顧問契約や業務委託、社外取締役など直接雇用に関わらず、企業様のご事情に応じた最適な方法をご提案させていただいております。

一部、法的側面なども絡むケースでは、事業承継コンサルティング会社と同席の上、無料相談にお伺いさせていただいております。

PAGETOP